児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ TOP >  2018年版 こんな日

2018年版 こんな日

2018年版 1月21日はこんな日

● 今日(1月21日)の主なできごと 745年 行基が大僧正……聖武天皇は、東大寺の「大仏建立」に協力させるため、行基を僧侶の最高位である大僧正に任命。 1866年 薩長秘密同盟…これまで抗争をくりかえしてきた薩摩藩と長州藩は、坂本龍馬...

2018年版 1月21日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月20日はこんな日

● 今日(1月20日)の主なできごと 1709年 「生類憐れみの令」廃止……10日前に徳川綱吉が死去したことにより、6代将軍家宣はこの日、悪法といわれたこの条例の廃止を通達。 1869年 薩長土肥藩主「版籍奉還」……明治維...

2018年版 1月20日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月19日はこんな日

● 今日(1月19日)の主なできごと 823年 空海に東寺下賜……空海(弘法大師)は、朝廷より京都の東寺(教王護国寺)を下賜され、鎮護国家の根本道場として真言宗の基礎を固めた。 1915年 ドイツ飛行船イギリスへ初空爆……...

2018年版 1月19日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月18日はこんな日

● 今日(1月18日)の主なできごと 1467年 応仁の乱勃発……室町幕府の執権を交代で行なっていた斯波、細川と並ぶ三管領の一つである畠山家では、政長と義就(よしなり)のふたりが跡目争いをしていた。この日、義就の軍が政長の軍を襲い、「応仁の乱」のキッ...

2018年版 1月18日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月17日はこんな日

● 今日(1月17日)の主なできごと 1991年 湾岸戦争勃発……アメリカ軍を主力とする多国籍軍は、クウェートに侵攻したイラク軍がこの日に設定されていた撤退期限が過ぎてもクウェートから撤退しなかったため、クウェートのイラク軍拠点に攻撃を開始し、1か月...

2018年版 1月17日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月16日はこんな日

● 今日(1月16日)の主なできごと BC27年 オクタビアヌスがアウグストゥスの尊号……カエサル(シーザー)の養子オクタビアヌスが元老院からアウグストゥス(尊厳な者)の尊号を受け、事実上のローマ帝国初代皇帝となる。 1854年 ペリーが2度目の来航...

2018年版 1月16日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月15日はこんな日

● 今日(1月15日)の主なできごと 1862年 坂下門外の変……大老の井伊直弼が「桜田門外の変」(1860年)で殺害されたあとを受けて老中となった安藤信正が、江戸城坂下門外で、水戸浪士ら6人に襲われて負傷。 1926年 治安維持法初適用&helli...

2018年版 1月15日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月14日はこんな日

● 今日(1月14日)の主なできごと 1950年 ベトナム民主共和国再独立宣言……1945年9月、ホーチミンを大統領とするベトナム民主共和国が独立を宣言し、東南アジア最初の共産主義国家として独立した。しかし、翌年支配国だったフランスが待ったをかけ、8...

2018年版 1月14日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月13日はこんな日

● 今日(1月13日)の主なできごと 1653年 玉川上水建設命令……江戸幕府はこの日、急増する江戸市民の水を補うために、町人(玉川)清衛門、庄衛門兄弟に建設を命じた。多摩川上流の羽村から四谷まで距離約43km・高低差約100mに水を通す大規模な難工...

2018年版 1月13日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月12日はこんな日

● 今日(1月12日)の主なできごと 1574年 瀬戸焼の特権……織田信長は、自領の尾張国瀬戸(愛知県瀬戸市)の焼物窯に免許を出し、焼物の独占権を与えた。これにより衰えていた窯業が復活、陶器を「瀬戸もの」というきっかけとなった。 1874年 初の政治...

2018年版 1月12日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月10日はこんな日

● 今日(1月10日)の主なできごと BC49年 「賽は投げられた」……古代ローマ期の政治家・軍人のカエサル(シーザー)は現在のフランス・ベルギーにあたる「ガリア」に遠征していたが、この日、元老院の命令を無視して、「賽は投げられた」と叫んでルビコン川...

2018年版 1月10日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月9日はこんな日

● 今日(1月9日)の主なできごと 802年 坂上田村麻呂に胆沢城の築城命令……桓武天皇はこの日、征夷大将軍の坂上田村麻呂に、蝦夷の勢力を抑えるための城を、胆沢(今の岩手県奥州市)に築くよう命じた。田村麻呂の巧みな作戦は成功し、815年までには蝦夷を...

2018年版 1月9日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月8日はこんな日

● 今日(1月8日)の主なできごと 1875年 義務教育の学齢……明治政府は義務教育の年齢を、満6歳から14歳と定めた。1872年の学制発布以来、小学校が次々に建てられてこの年に2万4千校となったものの、当時の就学率は35%程度だった。 1941年 ...

2018年版 1月8日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月7日はこんな日

● 今日(1月7日)の主なできごと 1868年 征討令……1月3日〜6日の鳥羽・伏見の戦いに勝利した明治新政府は、この日江戸城にこもった徳川慶喜に征討令を出すと同時に、諸藩に対して上京を命じた。征討軍の総帥は西郷隆盛で、同年4月11日、徳川家の謝罪を...

2018年版 1月7日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月6日はこんな日

● 今日(1月6日)の主なできごと 1887年 シャーロック・ホームズ新登場……イギリスの推理作家コナン・ドイルは、『緋色の研究』を刊行し、名探偵シャーロック・ホームズを初めて登場させた。 1912年 大陸移動説……ドイツ...

2018年版 1月6日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月5日はこんな日

● 今日(1月5日)の主なできごと 675年  日本初の天文台設置……天武天皇が、吉凶を占うため日本初の天文台「占星台」を設置。 1348年 楠木正行戦死……南北朝時代、楠木正成の長男楠木正行(まさつら)は、後醍...

2018年版 1月5日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月4日はこんな日

● 今日(1月4日)の主なできごと 1877年 地租の引き下げ……この日、地租(土地にかかる税金)が、地価の3%から2.5%に引き下げられた。前年に「伊勢暴動」「真壁一揆」(茨城)など、地租の軽減を求める一揆が頻発したためで、「竹槍でどんと突き出す二...

2018年版 1月4日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月3日はこんな日

● 今日(1月3日)の主なできごと 1851年 ジョン万次郎帰国……1841年14歳の時に漁に出て遭難しアメリカ船に救助されたジョン(中浜)万次郎が、この日アメリカから日本に帰国。 1868年 鳥羽伏見の戦い……この日、京...

2018年版 1月3日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月2日はこんな日

● 今日(1月2日)の主なできごと 1954年 二重橋事件……今日は、天皇陛下ほか皇族の方々が、皇居宮殿のバルコニーで国民の参賀に応える(一般参賀)日だが、この年のこの日は、皇居一般参賀に過去最高の38万人が押し寄せ大混乱。二重橋上で群衆が将棋倒しに...

2018年版 1月2日はこんな日の続きを読む>

2018年版 1月1日はこんな日

明けましておめでとうございます。 2005年5月末から開始したこのブログも、原則的にウィークデイは毎日発信してきたこと、2017年からは毎日投稿したことで、3000回を超えることができました。 今年は、昨年に続き、1月1日から12月31日まで「2018年版 今日はこんな日」とし...

2018年版 1月1日はこんな日の続きを読む>

< 前のカテゴリ「2017年版 こんな日」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「みんなのおんがくかい」へ >

2018年01月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

 

Mobile

児童英語・図書出版社 社長のこだわりプログmobile ver. http://mt.izumishobo.co.jp/plugins/Mobile/mtm.cgi?b=6

プロフィール

酒井 義夫(さかい よしお)
酒井 義夫(さかい よしお)

略歴
1942年 東京・足立区生まれ
1961年 東京都立白鴎高校卒
1966年 上智大学文学部新聞学科卒
1966年 社会思想社入社
1973年 独立、編集プロダクション設立
1974年 いずみ書房創業、取締役編集長
1988年 いずみ書房代表取締役社長
2013年 いずみ書房取締役会長
現在に至る

昭和41年、大学を卒業してから50年近くの年月が経った。卒業後すぐに 「社会思想社」という出版社へ入り、昭和48年に独立、翌49年に「いずみ書房」を興して40年目に入ったから、出版界に足を踏み入れて早くも半世紀になったことになる。何を好んで、こんなにも長くこの業界にい続けるのかと考えてみると、それだけ出版界が自分にとって魅力のある業界であることと、なにか魔力が出版界に存在するような気がしてならない。
それから、自分でいうのもなんだが、何もないところから独立、スタートして、生き馬の目をぬくといわれるほどの厳しい世界にあって、40年以上も生きつづけることができたこと、ここが一番スゴイことだと思う。
とにかくその30余年間には、山あり谷あり、やめようかと思ったことも2度や3度ではない。なんとかくぐりぬけてきただけでなく、ユニークな出版社群の一角を担っていると自負している。
このあたりのことを、折にふれて書きつづるのも意味のあることかもしれない。ブログというのは、少しずつ、気が向いた時に、好きなだけ書けばいいので、これは自分に合っているかなとも思う。できるかぎり、続けたいと考えている。「継続は力なり」という格言があるが、これはホントだと思う。すこしばかりヘタでも、続けていると注目されることもあるし、その蓄積は迫力さえ生み出す。(2013.8記)